> ニュース > 産業ニュース

高電圧配電システムおよび機器の運用および保守の要件

2023-08-29

2023-08-29

電気機器の正常な動作は、日常の保守点検と密接に関係しています。設備故障の初期段階で問題を早期に発見し、有効な対策を講じることができれば、メンテナンス時間の短縮だけでなく、経済的損失も軽減できます。


(1) まず、故障した電気機器を性急に分解せず、関係する作業者に故障の原因と故障の具体的な現象を理解してもらいます。汚染がひどい電気機器の場合は、接点、配線、ボタンなどを清掃し、外部制御キーに異常がないか確認してください。これは、多くの故障は導電性の塵や埃の詰まりによって引き起こされますが、清掃すれば故障を取り除くことができるためです。


2) 第二に、メンテナンス前に、機器の外観に欠陥や亀裂がないかを観察し、寿命やメンテナンス履歴を把握した上で、機器の内部を注意深くチェックする必要があります。機器外部の故障要因を排除し、内部故障と判断して初めて分解が可能となります。


3) 最後に、故障した機器の電源部分の故障率は比較的高いため、機器の電源が入っていないときに電源を修理し、ヒューズの品質に従って故障状況を判断する必要があります。電気機器のサーマルリレー、コンタクタ、ボタンをチェックし、電源投入テストを実行し、測定されたパラメータに従って故障を判断し、音を聞くことで、故障箇所をできるだけ早く特定し、目標とする対策を実行します。できるだけ早くメンテナンスを行ってください。